安心への取り組み・診療の流れ

ももい歯科クリニックの取り組み・診療の流れ

長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックでは、患者さまに安心して診療を受けていただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。こちらでははじめて来院される方に向け、当院の取り組みや診療の流れをご紹介します。

安心のための取り組み

当院では常に患者さまの立場に立ち、少しでもご負担を減らして安全かつ安心の治療をご提供できるよう、以下のことに取り組んでいます。

いたくない・怖くない治療

「今何をされているのかわからない」「この治療、なぜ必要なの?」と思いながら受ける治療では、不安がぬぐえません。そこで当院では治療前に、現在の症状やこれから行う治療、その必要性などについて、しっかりと説明を行っています。

また治療時のいたみを軽減する麻酔では、注射の前に針の刺さるいたみをなくす、歯ぐきに"塗る"表面麻酔を施します。さらに麻酔液の温度を温めて体内に入るときの刺激を低減。極細の麻酔針によって、ほとんどいたみを感じさせません。

院内CT設備による正確な診断

当院では院内に歯科用CT設備を完備し、歯茎の下に隠れた親知らずや歯根の形を把握し、治療における精密な診断に役立てています。

歯科用CTは、顎の骨の厚みや神経や血管の位置など、表から見えない部分の状態を正確にスキャンし、そのデータから3D画像によって詳細な情報を得ることが可能です。

これによって、精密さが求められる多くの治療の成功率を向上させることができるのです。

ラバーダム、医療用拡大鏡を使った治療

当院では患部をしっかり確認して精密な治療を行うために、医療拡大鏡やラバーダムを使用しています。

ラバーダムとは、治療対象となる歯だけが露出するように口腔内全体を覆い、患部を見やすくしながら、細菌などが入り込まないようにするために用いる、薄いゴムでできたシート状のものです。

歯科医療先進国ではかねてから進んで取り入れられており、当院でも「見逃さない」「再発させない」確実な治療につなげるために、積極的に使用しています。

院内感染対策と滅菌への取り組み

ももい歯科クリニックでは院内感染を防ぐため滅菌に取り組んでいます。治療に使用する機器は患者さまごとに滅菌洗浄し、洗浄できないものは使い捨てのものを採用しています。
また診療ユニットに循環する水に関しても、水道水に含まれる塩素イオンを電気分解し、残留塩素をコントロールすることで、薬品を使うこと無く細菌の繁殖を抑える体にやさしい最新式のシステムを導入しています。

診療の流れ

【STEP1】初診・カウンセリング

はじめに、患者さまの現在のお口のお悩みや治療に対するご要望などを、くわしくお伺いします。どんな小さなことでも、お気兼ねなくお話しください。また、持病や常用薬の有無などについてもお聞きします。

【STEP2】応急処置

激しいいいたみや腫れ、出血などがある場合には、応急処置を行います。

【STEP3】精密検査

必要に応じて、レントゲン撮影やCT撮影ほか精密検査を行い、お口の中の状態を把握します。

【STEP4】治療計画の立案・ご説明

検査結果と患者さまのご要望をふまえて治療計画を立案し、くわしくご説明します。治療は、患者さまご自身の納得が欠かせません。わからないこと、疑問点などがあれば、遠慮なくご質問ください。

また当院では、患者さまが納得されていないうちに無理に治療をはじめることは決してありませんのでご安心ください。

【STEP5】治療の開始

治療計画、方針に納得されましたら、治療の開始となります。

【STEP6】治療完了・メインテナンス継続のご提案

治療が終わったときのよい状態を維持するために、継続的なメインテナンスをご提案します。再発を防ぎ、末永く自分の歯で毎日楽しく生活していけるよう、当院がしっかりサポートいたします。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007