セレックについて Cerec

自然な咬み心地と見た目が取り戻せる「セレック」

セラミックは、メタルフリーの人体に安全な詰め物・被せ物です。長野県佐久市の歯医者「ももい歯科クリニック」では、最先端機器「セレック」を導入し、患者さま一人ひとりにフィットするセラミックの詰め物・被せ物をご提供いたします。

セレックで高品質の詰め物・被せ物をご提供

セレックで高品質の詰め物・被せ物をご提供

詰め物・被せ物といった補綴(ほてつ)物というと、銀歯をイメージされる方が多いのではないでしょうか。銀歯は加工がしやすく、保険が適用されるので安価に治療が行えるのですが、治療痕が目立ち、金属アレルギーを発症するリスクも持ち併せています。

当院では、天然歯のような美しい見た目と、人体に安全なセラミックの詰め物・被せ物を推奨しています。できるだけ多くの患者さまにセラミックを使っていただきたいという想いから、最先端のコンピュータ機器「セレック」を導入いたしました。セレックの導入により、品質の良いセラミックを従来よりも費用を抑え、さらに短時間で患者さまへ提供できるようになります。

CEREC(セレック)動画紹介はこちら

最先端機器「セレック」とは

最先端機器「セレック」とは

今までは、セラミックの補綴(ほてつ)物は治療後に歯型をとり、専門の「歯科技工所」へ作製を依頼していました。技工士が一つひとつ丁寧に作製してくださるのですが、その分、完成までに時間と手間がどうしてもかかってしまいます。セレックは、この作製までの工程をすべて院内で対応できる画期的なコンピュータ機器。医療の先進国であるドイツで生まれた最新鋭のCAD/CAMシステムです。光学カメラ撮影するだけで、口腔内のデータをスキャンできるので歯型も不要となり、最短1日で治療が完了できるスピーディーさも特徴です。通院回数もすくなくすみ、時間的・経済的にも患者さまにかかる負担を減らすことができます。

セレックをおすすめする理由

天然歯のような見た目と使い心地
天然歯のような見た目と使い心地

セラミックの詰め物・被せ物は自由に色を調整できるので、周囲の歯と色味を合わせておつくりすることができます。見た目だけではなく、咬み心地や舌触りまで天然歯とほとんど変わりません。

金属アレルギーの心配がない安心素材
金属アレルギーの心配がない安心素材

素材は陶器にも使われるセラミック。金属は含まれていないので、金属アレルギーや歯ぐきの変色の心配がなく、唾液や水分を吸収しない素材なので変形や口臭も起こりません。

仮歯不要! 最短1日で完了するから、通院も不要
仮歯不要! 最短1日で完了するから、通院も不要

院内で詰め物・被せ物が作製できるので、治療したその日に装着可能。作製に1~2時間ほどお待ちいただくことになりますが、何度も通院する必要がないので、お忙しい方・お急ぎの方におすすめです。

耐久性にすぐれた高品質の補綴(ほてつ)物が作製可能
耐久性にすぐれた高品質の補綴(ほてつ)物が作製可能

セラミックのブロックを削り出して作製するので耐久性にすぐれています。すべてコンピュータで制御され、詳細な部分まで精密につくりだすことができます。

CEREC(セレック)詰め物・作製工程はこちら

セレック作製までの流れ

【STEP1】3D光学カメラで立体的にスキャン

虫歯に冒された部分を取り除き、口腔内のデータをスキャン(撮影)します。3D光学カメラを使い、立体的にデータを取り込みます。症状や場所によって歯型をとらせていただく場合もありますが、ほとんどのケースで型どり不要です。

【STEP2】設計・調整

取り込んだデータから、詰め物・被せ物の設計を行います。歯の形はもちろん、咬み合わせなども考慮し綿密に調整。歯の色も調和するよう、最適な素材を選定します。

【STEP3】作製・整形

設計データをもとにシミュレーションを行い、ミリングマシンという機械でセラミックブロックを削り出します。

【STEP4】装着・調整

作製したセラミックの詰め物・被せ物を、治療部位に装着します。隙間がないよう細心の注意を払い、咬み心地などを患者さまに確認しながら最終調整し治療完了です。最短で、治療開始から装着まで2時間程度で完了します。

カンヌ国際クリエイティブフェスティバル グラスライオン部門エントリー作品