その場しのぎの治療がダメな理由

長い目で見た歯科治療を

虫歯ができたら、削って詰める。虫歯治療とは、ただそれだけのものだと思われていませんか? しかし、ただその場しのぎで「削って詰める」ことをしていれば、歯と詰め物のすき間から細菌が入り込み、虫歯を再発させてしまうことになります。治療をくり返せば、歯は次々削られていくしかありません。

歯のことを本当によく考えるのなら、1回1回細心の注意を払い、長い目で見た丁寧な治療を行うことが大切です。長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックでは、患者さまの大切な歯を守るために、将来を見すえた精密な治療をご提供します。

その場しのぎの治療による負のスパイラル

一度虫歯になった歯は、以下のように負のスパイラルを背負ってしまうことをご存じですか?

虫歯になる 根管治療

このように、虫歯になった歯は再発のリスクをくり返し、かぎりなく歯を失うことにつながっていくのです。そして失った1本の歯をブリッジでカバーすれば、支えとなる歯に負担がかかり、さらに健康な歯を失ってしまいます。負の連鎖はまだまだ続くのです。

つまり大切なのは、虫歯にならないよう予防に励むことなのはもちろん、その場しのぎの治療をくり返さないことなのです。

定期検診で負の連鎖を断ち切りましょう

従来日本では、虫歯治療を「くり返すもの」として行われてきました。その結果今日、80歳以上の方の残存歯数は平均10数本しかなく、残念なことに日本は「入れ歯大国」とまでいわれています。

それに対し歯科先進国である欧米では、虫歯は治療するものではなく、予防するものであるという概念が浸透しており、定期検診を受ける習慣が根づいています。またそれに比例して、残存歯数もとても多いというデータがあるのです。

「負の連鎖」を断ち切るには、定期検診が重要です。定期的に医師のチェックや専門的なメインテナンスを受けることで、虫歯や歯周病を予防するとともに、早期発見・早期治療を実現しましょう。

「二次的虫歯」をご存知ですか?

「二次的虫歯」とは、一度治療した歯が再び虫歯になることをいいます。これは、治療後のケア不足や不規則な生活習慣などを原因として起こるものですが、最初の治療の精度が低い場合にも起こりやすくなるといわれています。

治療で虫歯を削った際には詰め物・被せ物をしますが、歯との継ぎ目にはどうしてもわずかなすき間が生じるものです。この継ぎ目をいかに天然歯に近く、滑らかに仕上げるかは、歯科医師の技術によるところがあるといえるのです。

ももい歯科クリニックの精密な治療への取り組み

当院では二次的虫歯を防ぐために、次の機器を用いて精密かつ正確な治療を実現しています。

歯科用CT 医療用拡大鏡 ラバーダム
表からは見えない歯根部分などまで、3次元的画像にて詳細に取得。精密な診断に役立てます。 患部を何倍にも拡大できるため、細かな部分までしっかり目で確認しながら治療を行うことができます。 治療対象となる歯のまわりの部分を薄いゴムのシート状のもので覆い、患部を見やすくしながら、患部に細菌が入り込むのを防ぎます。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007