妊娠中、授乳中の歯のこと

お母さまのお口にも注意が必要です

女性は妊娠・出産という時期を迎えると、赤ちゃんのことを大事に思う反面、自分のことを後回しにしてしまいがちになります。しかし妊娠すると、女性の体の中ではホルモンバランスが変化し、お口の環境が悪化しやすくなります。妊娠中こそ、お母さまにも注意が必要なのです。

また授乳中にも、歯科治療において気をつけたいことがあります。こちらでは、長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックが、妊娠中授乳中の歯のこと、また治療についてくわしくご紹介します。

妊娠中のお口の中の変化

女性は妊娠すると、次のような変化が起き、お口の環境が悪化しやすくなるため、注意が必要です。

つわりで歯みがきがしにくい

つわりがはじまると、食事をきちんととったり、歯磨きしたりすることが難しくなります。そのため常に何かを食べているようなことも増えて、お口の中はいつも汚れた状態になりがちになり、虫歯歯周病になりやすくなります。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化によって、お口の中では細菌が繁殖しやすい環境がつくられてしまいます。そのため、「妊娠性歯周炎」を引き起こしやすくなるのです。

妊娠性歯周炎の危険性

妊娠中の歯周病「妊娠性歯周炎」は、お母さまのお口の健康を脅かすだけでなく、実はお腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがわかっています。歯周病菌が血液を通じて子宮に伝わると、胎児の成長を阻害するうえに、歯周病菌に含まれる「サイトカイン」という物質が子宮の筋肉に影響し、陣痛に似た状態を招いて早産や低体重児出産の確率を高めてしまうのです。

お母さま自身のためはもちろん、大切な赤ちゃんの健康のためにも、妊娠性歯周炎にはとくに注意が必要だといえるでしょう。

妊娠中の歯科治療

「妊娠中には歯科治療は受けてはいけない」と思われている方も少なくありません。しかし、以下のことに注意すれば、受けることができます。当院では妊娠中の方に対し、十分に配慮したうえで治療を行っています。お口の環境を悪化させないためにも、安定期には一度検診を受けることをおすすめします。

レントゲン検査

当院では被ばく量の少ないデジタルレントゲンを用いており、また撮影時には防御エプロンを着用していただきますので、放射能の影響はほとんどありません。

レントゲン撮影による被ばく量は、太陽などから受けている量より微量です。

お薬の服用

当院では基本的に、妊娠中の方に内服薬をお出しすることはありません。ただし、やむをえない場合には、妊娠中にも問題が少ないものをごく少量処方いたしますので、ご安心ください。

麻酔の使用

歯科治療で行う麻酔は局所麻酔であり、通常お腹の赤ちゃんにとくに問題はないとされています。

ただし妊娠後期の場合であれば、早産につながる可能性があるため、一度治療を中断して出産後に再開することもあります。

授乳中の注意

母乳育児をされているお母さまの場合、歯科治療においても妊娠中と異なる形での配慮が必要になることもあります。当院では授乳中のお母さまに対し、十分に配慮したうえで治療をご提供しておりますのでご安心ください。

レントゲン検査

放射能の心配はほとんどないといえます。妊娠中よりも、さらに安心してレントゲン撮影を受けていただけます。

お薬の服用

服用した薬は、母乳を通じて赤ちゃんの体内に入ってしまうため、まだ授乳回数が多い小さいころには、妊娠中と同じくあまり服用しないほうがいいでしょう。

ただし、赤ちゃんに移行する量はごく微量ですので、やむをえない場合には、授乳後に服用することをおすすめします。

麻酔の使用

歯科治療で行うおもな麻酔は局所麻酔であり、麻酔薬の量も微量です。そのため、とくに問題ないといえます。

医科においても、生後間もない赤ちゃんに手術を行う場合には麻酔を用いていますので、とくに問題はないといえます。