虫歯治療

虫歯のしくみ、知っていますか?

「虫歯」はとても身近な病気ですが、虫歯ができるしくみについて理解している人はそう多くはないのではないでしょうか。

こちらでは、長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックが、虫歯のしくみについてご紹介します。虫歯のことをよく知れば、予防や治療にもより正しく取り組むことができます。虫歯や虫歯治療についてもっとくわしく知りたいという方は、お気軽に当院までご相談ください。

虫歯とは~いたいと感じたらもう遅い!?~

虫歯とは、プラーク(歯垢)の中に棲みつく虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、その酸が歯を徐々に溶かしていく病気です。初期には自覚症状がないため、「いたい」「しみる」などと感じたときには、すでにかなり進行していた……ということも少なくありません。

虫歯治療は早めが肝心だといえます。ほんのわずかな異変でも、心配なことがあれば当院までご相談ください。進行段階に合った、適切な治療をご提供します。

虫歯の進行段階と治療について
進行段階 症状 治療
C0:脱灰
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白濁した部分が現れます。まだいたみなどの自覚症状がない段階です。 適切な歯磨きやフッ素塗布によって「歯の再石灰化」を促すことで、治癒が期待できる段階です。
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質の溶解が進み、黒ずんだ部分が現れます。まだいたみはありません。 虫歯の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。
C2:象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで達した虫歯です。冷たい物がしみたり、いたみが出たりする段階です。 虫歯の部分を削り、詰め物で補います。
C3:神経に達した虫歯
歯の奥の神経にまで達した虫歯です。何もしていなくてもズキズキと激しいいたみがあります。 虫歯菌に冒され死んでしまった神経や血管を取り除く、根管治療を行い、被せ物で補います。
C4:歯根の虫歯
歯冠部分はほとんど溶けてなくなり、歯根部分まで虫歯が達しています。神経が死んで一旦いたみはなくなりますが、歯根に膿が溜まると再び激しいいたみが現れます。 ここまで悪化した虫歯は、抜歯するしかありません。抜歯後には、入れ歯ブリッジインプラントによって歯の機能を回復させます。

虫歯を放置しないでください

従来日本では、虫歯治療を「くり返すもの」として行われてきました。その結果今日、80歳以上の方の残存歯数は平均10数本しかなく、残念なことに日本は「入れ歯大国」とまでいわれています。

それに対し歯科先進国である欧米では、虫歯は治療するものではなく、予防するものであるという概念が浸透しており、定期検診を受ける習慣が根づいています。またそれに比例して、残存歯数もとても多いというデータがあるのです。

「負の連鎖」を断ち切るには、定期検診が重要です。定期的に医師のチェックや専門的なメインテナンスを受けることで、虫歯や歯周病を予防するとともに、早期発見・早期治療を実現しましょう。

「二次的虫歯」をご存知ですか?

虫歯は風邪や腹痛などと違い、放置しているうちに自然に治るということがありません。見つかったら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。また、治療をしてどんなによい詰め物・被せ物をしたとしても、天然歯にはかないません。できるかぎり歯を削らずに済むよう、放置せず早めの治療を心がけましょう。

当院では、自覚症状が出る前から定期検診に通うことをおすすめしています。定期検診に通っていれば早期発見・早期治療が可能になり、患者さまのご負担も軽減することができます。定期検診の習慣、あなたもはじめませんか?

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007