根管治療

重度の虫歯を救う治療

従来、重度にまで進行した虫歯は、抜歯するしかありませんでした。しかし、歯はたった1本でも失うと、歯並びや咬み合わせを乱す原因になりかねません。そこで、重度の虫歯でも抜かずに残せるよう「根管治療(こんかんちりょう)」が行われるようになりました。

こちらでは長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックが、根管治療についてご紹介します。重度の虫歯でお悩みなら、一度当院までご相談ください。

根管治療とは

歯の中には、神経や血管が入っている「根管」という細いトンネルがあります。虫歯が重度にまで進行すると虫歯菌によって根管内の神経や血管が壊死してしまい、そのままではその歯を残すことができません。そこで、その歯を救うために行うのが根管治療です。

根管治療とは、根管の中から死んでしまった神経や血管を取り除いて根管内をきれいにし、薬剤を充填する治療です。根管は複雑に枝分かれし、曲がりくねっているために、この治療を行うことは簡単ではありません。しかし確実に行えれば、抜歯をまぬがれることができるのです。

根管治療の種類

根管治療には次の3つの種類があり、根管の状態によって適した方法を用います。

抜髄(治療) 感染根管治療 外科的根管治療
虫歯の悪化によって細菌感染してしまった神経・血管を取り除いて根管内をきれいにし、薬剤をすき間なく充填するという、もっとも一般的な根管治療です。
最後に被せ物を装着して、治療が完了します。
壊死してしまった神経や、過去の根管治療の不備によって歯根に異常が起きていたりするなどの場合に行う治療です。
以前の治療で詰めた薬剤を取り除いてから行う必要があるため、より難しくなります。また「根尖病巣(こんせんびょうそう:歯根の先に膿の袋ができている状態)」が見られる場合には、早急な対応が必要です。
過去に根管治療をしたにもかかわらず、根尖病巣に改善がみられない場合に、外科手術によって病巣を一つずつ取り除いていく治療です。
最後に根尖、根管にきっちりと薬剤を詰めて治療が完了します。

根管治療の流れ~抜髄治療~

STEP1

根管の中から、虫歯菌に冒された神経や血管を取り除きます。

STEP2

専用の器具を用いて、根管の長さを正確に測ります。

STEP3

根管内に汚れが残らないよう、きれいに洗浄します。

STEP4

すき間ができないよう根管の先端までしっかりと薬剤を充填し、密封します。

STEP5

被せ物の土台を構築します。

STEP6

被せ物を装着して、根管治療は完了です。

当院の根管治療への取り組み

根管治療は精密性が求められる治療です。当院では根管治療に次のものを使用し、精密な処置を実現しています。

マイクロスコープ

マイクロスコープ01

マイクロスコープ02

今や精密治療には欠かせない歯科治療用の顕微鏡です。肉眼の約20倍も拡大することができるので、歯根や根管、歯と歯ぐきの間など暗くて細かい場所もしっかり把握しながら精度の高い治療のご提供が可能になりました。重度の虫歯や根管治療、歯周病、インプラント治療にともなう外科手術など、幅広い治療で活用しています。

医療用拡大鏡

複雑で細かい根管内を何倍にも拡大し、目でしっかり確認しながら治療を行います。

NiTiファイル

当院では、適度なしなりを持つNiTi(ニッケルチタン)ファイルを使用しています。湾曲した根管にもフィットし、内部の汚れを残さずかき出します。

ラバーダム

治療対象となる歯のまわりの部分を薄いゴムのシート状のもので覆い、患部を見やすくしながら、患部に細菌が入り込むのを防ぎます。

根管治療の重要性・メインテナンスの継続を

歯は1本でも失うと、となりの歯が倒れ込んできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。そして歯並び・咬み合わせの乱れは、虫歯や歯周病、また顎関節症、肩こり、頭痛などさまざまな悪影響を招くリスクをはらんでいます。こういったことを防ぐために、根管治療はとても重要な治療になるのです。

しかし、根管治療で神経や血管を取り除いた歯は、どうしてももろくなってしまいます。またいたみも感じなくなるため、何か異変が起きても気づきにくくなります。そこで、根管治療後の歯を守るためには、メインテナンスが必要になるのです。

せっかく根管治療によって残せた歯は、できるだけ長く残したいもの。治療が終わってからも、定期検診でよい状態を維持していきましょう。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007