インプラント治療

天然歯の咬み心地を取り戻したい

歯を失ったとき、従来入れ歯やブリッジによる治療が行われてきました。しかし近年、それに加えてインプラント治療に注目が集まっています。インプラント治療は、天然歯のような咬み心地や見た目を回復できる優れた治療です。

長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックでは、インプラント治療に対応しています。歯科用CTを完備するなど、高度な治療環境を整えておりますので、お気軽にご相談ください。

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療です。インプラントと顎の骨がしっかり結合する構造になっているため、まるで天然歯が戻ってきたかのような自然な咬み心地を手に入れることができます。

また上部の人工歯にはセラミックを用い、まわりの歯に合わせて自然な白さと透明感を再現。どこを治療したのかも気づかれない仕上がりになります。機能性・審美性ともに優れたインプラント治療は、入れ歯の不具合にお悩みの方におすすめの治療なのです。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療はメリットの多い治療ですが、デメリットもあります。治療を選択する前には、その両方をしっかり理解しておきましょう。

メリット デメリット
  • 天然歯に近い咬み心地と見た目を取り戻せる
  • 定期的にメインテナンスを受ければ、長期的な使用が可能
  • 歯の本数を選ばず治療できる
  • 自費診療となり費用が高額になる
  • 外科手術が必要
  • 顎の骨の状態や持病の有無などによって、適応できないケースもある
  • 治療期間が長い
  • メインテナンスを怠ると、インプラント周囲炎(歯周病と同じ症状を持つ病衣)を招くことがある

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れをご説明します。

step1 step2 step3 step4 step5
1回目の手術
ドリリング
インプラントの
埋入
治癒期間 2回目の手術
アバットメントの
装着
人工歯の装着
歯肉を切開し、顎の骨に専用のドリルを使ってインプラントを埋め込む穴を開けます。 開けた穴にインプラントを埋め込みます。 インプラントの頭を歯肉で覆って縫合します。その後後、インプラントと顎の骨が結合し、傷口が治癒するまで期間をおきます。 再び歯ぐきを切開し、インプラントの頭部に、人工歯との連結部分となるアバットメントを装着します。 アバットメントに人工歯を装着し、インプラント治療は終了となります。

安心・安全なインプラント治療のために

インプラント治療は精密性が求められる治療です。当院ではインプラント治療にあたり、歯科用CTやサージカルガイドを使用してトラブルを回避し、精密かつ安全な手術を実現しています。

歯科用CT

インプラント治療の際には、顎の骨の厚みや神経や血管の位置などを、事前にしっかり確認しておくことが必要です。そこで当院では、院内に歯科用CTを完備。撮影した立体的な画像から表面からは見えない部分の情報まで詳細に把握しています。

さらにそのデータをもとに手術のシミュレーションを行い、精密な診断および治療計画の立案に役立てています。

サージカルガイド

サージカルガイドとは、インプラントを顎の骨に埋め込む位置や深さ、角度などを正確に導くために用いるガイドです。

短時間で確実な埋入を実現することで、患者さまにかかるご負担の軽減にもつながります。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007