小児歯科

お子さまの歯を守りたい

子どもの歯は大人の歯に比べてやわらかいということ、ご存じですか? 実はそのために、子どもの歯は虫歯になりやすいといわれています。つまり子どもの歯には、大人の歯とは違ったアプローチで予防治療を行うことが必要だといえるのです。

そこで長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックの小児歯科では、お子さま向けの予防処置メニューをご用意しています。親御さまとのご協力のもと、お子さまの大切な歯の健康をサポートします。どんな小さなことでも、お気軽に当院までご相談ください。

お子さまの予防処置メニュー

歯磨き指導

お子さまは成長段階によって、お口の中の状態がまったく異なります。一人ひとりに合った正しい歯磨き方法を指導しますので、毎日のケアに活かしてください。


フッ素塗布

フッ素には歯質を強くする効果があり、定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯菌への抵抗力を高めることができます。またごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布によって再石灰化が促され、治癒が期待できるケースもあります。


シーラント

奥歯にある深く複雑な溝には、汚れが残りがちです。シーラントとは、その溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めてしまうことで、虫歯を予防する処置です。


過剰歯の抜歯

「過剰歯」とは、通常生えるべき本数より多く生えてきた歯のこと。歯並びを乱したり、永久歯への正しい生え替わりを妨げたりすることが多いため、抜歯を行います。


ももい歯科クリニックの小児歯科・キッズルームで安心

当院では、お子さまが歯医者嫌いにならないよう、さまざまな配慮のもとお子さまをお迎えしています。その一つが、キッズルームの完備。待ち時間にお子さまが退屈しないよう、おもちゃや絵本をご用意していますので、ご自由にご利用ください。

また診療の際には、「お子さまの話をしっかり聞く」「お子さまにもわかるように、やさしく説明する」といったことを意識しています。

お子さまには悪くなる前から予防のために医院にお連れいただき、早くから雰囲気に慣れてもらうことで、いざ治療となったときにもスムーズに進めることができます。「歯が生えてきたとき」「永久歯への生え替わりの時期」などのタイミングを目安に、悪いところがなくても検診にお連れいただければ幸いです。

生まれてくる赤ちゃんを守りたい~マタニティ歯科~

女性は妊娠すると、つわりがはじまったりホルモンバランスが変化したりすることで、お口の環境が悪化して虫歯や歯周病になりやすくなります。そこで当院では「マタニティ歯科」として、妊婦さまの診療を行っています。

診療に適した時期は、つわりが落ちつく安定期です。気づかないうちに虫歯や歯周病ができていることも多いため、自覚症状がなくても一度検診にお越しください。

妊娠性歯周炎に注意

妊娠中の歯周病を「妊娠性歯周炎」といいます。歯周病は、歯を支えている顎の骨や歯ぐきが溶かされていき、悪化すれば歯が抜け落ちてしまうことさえある恐ろしい病気ですが、妊娠中にはさらに注意が必要です。

歯周病菌はお腹の中の赤ちゃんの成長を妨げるうえに、子宮に陣痛に似た筋肉収縮を起こして、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうのです。お母さまのためはもちろん、生まれてくる大切な赤ちゃんの健康のためにも、妊娠性歯周炎にはとくに注意しましょう。

「母子感染」のこと、知っていますか?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。そのままであれば虫歯にはならないはずですが、どうして子どもは虫歯になってしまうのでしょうか? それは「母子感染」が原因となっています。

母子感染とは、コップやおはしなどの食器の共用、またスキンシップとしてのキスなどによって、身近にいる大人から赤ちゃんのお口に虫歯菌がうつってしまうことをいいます。これを防ぐには、食器を分けるなどの対策をとるのはもちろん、身近にいる大人のお口から、虫歯菌を減らしておくことが大切です。

赤ちゃんが生まれる前にきちんと歯科治療を受け、お口のケアにも十分に注意するようにしましょう。