予防歯科

歯の健康維持には「治療」より「予防」です

虫歯歯周病には、早めの治療が肝心です。しかし、いくらよい治療をしても、歯や歯ぐきは元どおりにはなりません。本当に歯の健康を維持したいのであれば、治療より予防が大切です。また悪くなる前から予防に励んでいれば、治療のいたみはもちろん、時間や費用などの負担も軽減できます。

予防のための定期検診は、歯科先進国である欧米では当たりまえのこと。あなたも今から、長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックの予防歯科で、定期検診の習慣をはじめませんか?

予防処置は歯科衛生士が担当します

当院では予防処置を、口腔衛生の専門家である歯科衛生士が担当します。お口の中は、自分自身では見ることができず、いくらご自宅でのケアに気をつけていても、予防が万全だとはいえません。

当院では歯科衛生士が、「予防のプロ」として効果的な処置をご提供します。どうぞ安心してお任せください。

当院の予防メニュー

定期検診

お口の中の状態は日々変化しており、定期的にプロの目によるチェックが必要です。わずかな変化も見逃さないことで、もし治療が必要になったときにも簡単な処置で済ませることができます。


プラーク(歯垢)の染め出し

染め出し液を使って、歯に残ったプラークを染め出し、みがき残しやすい場所をチェックします。


歯磨き指導

プラークの染め出しを行った結果をもとに、歯磨きのクセを明らかにしながら、一人ひとりのお口の状態に合わせた正しい磨き方を指導します。


フッ素塗布

フッ素には歯質を強くする効果があり、定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯菌への抵抗力を高めることができます。またごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布によって再石灰化が促され、治癒が期待できるケースもあります。


PMTC

PMTCとは、歯科の専門家が専用の器具を使って、歯と歯、歯と歯ぐきの間の汚れを徹底的に取り除くお口のクリーニングです。定期的に受けることで、虫歯や歯周病、また口臭の予防にも効果があります。


スケーリング・SRP

スケーリングとは、スケーリングという器具を使って歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)に入り込んだプラークや歯石を徹底的に取り除く処置です。その後歯根面を滑らかにするルートプレーニングという処置を行い、汚れの再付着を防ぎます。


咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると虫歯や歯周病になりやすくなるだけでなく、顔や顎、また骨格のゆがみ、また肩こりなどを招くことがあります。定期的に咬み合わせをチェックすることが必要です。


生活習慣指導

食事や歯磨きのタイミング、間食の回数、就寝時間など、日ごろの生活習慣は虫歯や歯周病の発症と深く関わっています。生活習慣をお聞きし、必要があれば改善の指導を行います。


インプラント治療の後も予防が大切です・定期的なメインテナンスのすすめ

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで咬む機能を回復させるインプラント治療。天然歯に近い咬み心地と見た目が回復できることで、近年急激にシェアを広げています。

しかしインプラントとは、埋め込んだらそれで終わりではありません。インプラント自体は人工物であるため虫歯にはなりませんが、まわりの自然な歯ぐきは、ケアを怠れば歯周病を招いてしまうのです。これは「インプラント周囲炎」と呼ばれ、悪化すればインプラントが抜け落ちてしまいます。

せっかく手術をして埋め込んだインプラント。長持ちさせるためには、治療後の定期的なメインテナンスが重要なのです。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007