親知らず治療

親知らずのトラブル、解消しましょう

親知らずとは、永久歯が生えそろった後、奥歯のさらに奥に生えてくる歯のこと。10代後半から20代前半に生えてくることが多い歯ですが、生えたり生えなかったり、またもともとある人とない人がいます。また生えてきても、横を向いたり斜めになったりしていることが多く、トラブルを招きやすいという特徴があります。

親知らずのトラブルは、放置していてよくなることはありません。親知らずでお悩みなら、長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックまで、できるだけ早くご相談ください。

親知らずの異常には早めの対処を

親知らずの問題には、正しい向きで生えないために汚れがたまりやすく、親知らず自体だけでなく手前の歯まで巻き込んで、虫歯歯周病を招きやすいという点が挙げられます。また横を向いて生えていると、手前の歯を強い力で押し、歯並びを乱してしまうこともあります。

強いいたみを伴うことも多く、ときに一旦治まっても、しばらくするとさらに強くなってあらわれることも少なくありません。虫歯や歯周病、歯並びの乱れなど、悪影響が大きく現れる前に、早めに対処することをおすすめします。

親知らずは必ず抜くもの?

親知らずの中には、正しい向きできちんと生えてくるものもあります。こういった場合、親知らずを抜く必要はありません。

しかし生えている向きが悪く、「虫歯や歯周病になっている」もしくは「なる可能性が強い」といった様子が見られる場合には、抜歯したほうがいいでしょう。抜くか、抜かないかの判断は、診察してからになります。まずは一度ご来院ください。

親知らずは移植できます

親知らずは、虫歯や歯周病などで抜歯しなくてはなくなった部分に、移植できるケースがあります。これは「自家歯牙(じかしが)移植」と呼ばれる治療であり、自分の歯を使うことで移植先になじみやすく安全であるといったメリットがあります。

自家歯牙移植が可能であれば、インプラント治療より費用を抑えることも可能です。くわしくは、お気軽に当院までご相談ください。

抜歯後の注意~ドライソケットに注意しましょう~

抜歯をした後に、思っていた以上にいたみが長引いている……という場合、それは「ドライソケット」かもしれません。ドライソケットとは、抜歯した部分の顎の骨がむき出しになってしまっている状態のこと。本来であれば抜歯した穴は、血液によって覆われなくてはならないところ、何らかの原因で血液が固まらなかったために、骨の表面が露出している状態を指します。

ドライソケットの危険性

ドライソケットは悪化すると次のようなトラブルを招くことがあります。

歯槽骨炎(しそうこつえん) 骨壊死(こつえし)
ドライソケットが悪化すると、顎の骨が炎症を起こす「急性歯槽骨炎」を招くことがあります。
こうなると、抗生物質を長く飲み続けなくてはならなくなり、服用を中断すると抗生物質に抵抗力を持つ細菌が生き残って、治癒を妨げてしまうこともあります。
歯槽骨炎が長引くと、感染した骨の組織が腐ってしまうことがあります。
そうなると、腐ってしまった顎の骨を部分的に取り除く手術が必要になることがあります。もし、いたみが長引きすぎていないか……と気になるようであれば、早めにご相談ください。
ドライソケットにならないために

親知らずを抜いた後は、ドライソケットにならないよう次のことに注意しましょう。

【注意1】当日は安静に

抜歯をした当日は、激しい運動や長時間の入浴、またアルコールの摂取など、血行を促進させるような行為は避け、安静に過ごしましょう。


【注意2】抜いた部分に触れない

抜歯した部分は、できるだけ舌や指などで触らないようにしましょう。血がかたまろうとしているのを阻害してしまいます。


【注意3】うがいをしすぎない

お口の中が気持ち悪くても、うがいをしすぎないようにしてください。血のかたまりを洗い流し、ドライソケットを招いてしまう可能性があります。


【注意4】腫れたら温めて

抜歯した部分は、後で腫れることがあります。少しの腫れであれば、温かいタオルなどで温めると、いたみが軽減されます。しかし腫れがひどい場合、また長引く場合には、早めにご連絡ください。


【注意5】出血にはきちんと対処を

帰宅後に出血があった場合には、ガーゼや丸めたティッシュなどを咬んでください。通常30分ほどで出血はおさまります。しかし万が一、長時間出血がおさまらないという場合には、一度ご連絡ください。